ニューエアーボード(NEW AIR BOARD)のご購入はこちらから

Fabiano Cyclone(ファビアーノ サイクロン)

8歳より空手を始め20歳でキックボクシングを始める。現在Targetジムに所属。2003年にプロキックボクシングデビュー後、J-NETWORKヘビー級王座・初代R.I.S.E.ヘビー級王座・WPMF世界スーパーヘビー級王座などのタイトルを獲得。

ニューエアーボードを使えば使うほど“バランス感覚”が磨かれていく

ニューエアーボードの上に乗って練習すると、バランス感覚がすごく良くなります。いつも練習でシャドウボクシングをだいたい4ラウンドぐらいやるんですが、ニューエアーボードの上で2ラウンドやって、床の上で2ラウンドやると、バランス感覚が格段に良くなっているのが実感できます。ミット打ちやサンドバッグの打ち込み、スパーリングをしても、バランスがしっかりしているのが良く分かります。

どんなスポーツにも言えることだと思うんですけど、やっぱりバランス感覚が一番重要だと思うんです。バランスがしっかりしていないと、練習自体も上手くいきませんし、いくら練習しても効果がないと思うんです。たとえばミットを蹴るにしても、バランスが悪いとしっかり蹴ることができません。ニューエアーボードは、使えば使うほどバランスが良くなって、練習の質も上がっていく感じがします。

試合の勝敗をも左右するバランス感覚が、跳びはねているだけで良くなる

バランス感覚が良くなると、試合中にパンチをもらっても倒れることなく、すぐに攻撃を返せるようになりますね。パンチをもらっても持ちこたえられれば、ポイントが全然違いますから、バランス感覚は試合の勝敗にも大きく影響しています。また、バランスが悪いと、試合中に自分から転んだりする人もいますし、パンチが効いているわけではないのに押されて倒れたりして、レフリーにダウンを取られることもあるので、バランス感覚は実戦にも本当に重要です。

これまでバランス感覚を磨く練習として、床にアメなどをバーっとばらまいて、片足で立って、手で一個一個拾っていくというトレーニングなどをしていました。全部拾い終わったら、足を交代してまた一個一個拾っていくんですよ。バランス感覚を磨くためにやらなくてはいけなかったんですけど、飽きるし、結構面倒くさかったです。

その点、ニューエアーボードは、あの上でただ跳びはねているだけでバランスが磨かれます。見た目はすごくシンプルなんですけど、すごい道具ですよね。

床の上の倍の運動量を実感!スタミナをつけるのにも最適!

ニューエアーボードは毎日使っています。あの上で練習をすると、床の上の倍は運動した感じがします。今までスクワットを100~300回やっても全然筋肉痛にならなかったんですけど、ニューエアーボードの上で同じ回数やったら、次の日筋肉痛になりびっくりしました。やっぱり倍の練習効果があるんだなと実感しました。

ジムワークは1日にだいたい2時間半~3時間ぐらいおこなっていて、ニューエアーボードはセットのところどころで使っています。一番最初のなわとびの代わりにあの上で跳んだり、シャドウボクシングで使ったり。また、サンドバッグの打ち込みをした後に、ひざ上げといってダッシュをするんですけど、その時にニューエアーボードを使うと、砂浜の上で走っているような感じがして、すごく息が上がるんですよね。スタミナをつけるのにもすごく良いと思います。

インナーマッスルにもすごく効きますね。インナーマッスルって、集中してトレーニングしないとなかなか効かないんですけど、ニューエアーボードを使うと自然にインナーマッスルに効いてくる感じで、結構体も変わってきましたね。

ケガをしてから不安だったハイキックも試合でバンバン出せるように

数年前、試合中に左ひざの前十字靱帯を切って手術をしました。その後も、左足を軸にして右足でハイキックしようとすると、左ひざがゆるいような、外れるような感覚がして、ずっとハイキックを蹴るのが不安だったんです。でも、ニューエアーボードを使って練習するようになってからは、バランスがしっかり取れるようになって、左ひざが外れるような怖さは全然なくなりました。試合でもハイキックがバンバン出せるようになりました。

また、ひざをケガしてからは、なわとびなども痛みを感じることがあって怖くてできなかったんですが、ニューエアーボードの上なら、なわとびの代わりに5分、10分跳んでも大丈夫でしたね。最近は、床の上でも普通になわとびができるようになって、そんなに長くはありませんが、20分ぐらいはできるようになりました。ニューエアーボードを使うまでは一切できなかったので、すごく良くなったなと自分でも思います。

おかげで今年から趣味のサーフィンもできるようになりました。ケガをしてから、関節の専門医の方にずっと止められていたんですけど、最近検査したら「もう大丈夫」とOKをもらったんですよ。

リハビリ中もニューエアーボードがあれば、もっと早く回復していたかも…

ニューエアーボードはリハビリにも良いと思います。手術後6ヶ月ぐらいは、もう歩くのも精いっぱいで、ひざを曲げる練習から始めてどうにか歩けるようになって、それからインナーマッスルを強化するリハビリをしていたんですが、リハビリをしてもひざが外れそうな怖さはずっとありました。ニューエアーボードを使うようになってからまだ半年なんですけど、ひざが外れそうな感覚は今はまったくないですね。

リハビリ中は、周りのみんなからは「治りが早い」って言われていたんですが、ニューエアーボードがその時にあったら、もっと治りが早かったんじゃないかと思います。

ニューエアーボードを使い始める少し前に、顔も陥没骨折したんですよ。そのリハビリ中に、ニューエアーボードに乗り始めたんですけど、床の上で運動するとどうしても衝撃があるので、顔に痛みを感じたりしていたんですが、ニューエアーボードはクッション性があるので、痛みを感じることなく、なわとび代わりに跳んだり、シャドウボクシングすることができて、すごく役立ちました。

もっともっとバランスを磨いて、筋肉も強化して、もっともっと強くなりたい

これからニューエアーボードを使ってみたいと思っている方は、まずはなわとびをイメージしてあの上で跳びはねてみたり、腕立て、腹筋、背筋、スクワットといった筋トレから始めてみると良いと思います。また、ケガなどのリハビリに使いたいという方は、ちょっと使ってみて良くなったらすぐに止めてしまうのではなく、しっかりとケガを治すためにも、ずっと使い続けて欲しいですね。

自分自身でもずっと使い続けて、もっともっとバランス感覚を磨いて、筋肉も強化して、もっともっと強くなりたいと思っています。使い方も、最初はなわとびの代わりに跳んだりするぐらいだったんですが、それからだんだんシャドウボクシングをしたり、サンドバッグの打ち込みの時に乗ったり、走り込みに使ったりと、どんどん増えてきています。使い続けているうちに、どんどん奥が深くなってくる感じがしますね。今後も、「あ、これも良いかもしれない」と、色々な使い方が増えていきそうです。

ニューエアーボードを愛用するトレーナー・アスリート

  • 除村 元子(よけむら もとこ)
  • Illya R. Anderson(イリヤ R. アンダーソン)
  • 天木 裕次郎(あまき ゆうじろう)
  • 犬飼 敏雄(いぬかい としお)
  • Fabiano Cyclone(ファビアーノ サイクロン)
  • 岡部 健一郎(おかべ けんいちろう)
  • 山崎 伸明(やまざき のぶあき)
  • 金山 富英(かなやま とみひで)

このページの先頭へ戻る

Copyright © Japan AIR BOARD Association, All Rights Reserved.