ニューエアーボード(NEW AIR BOARD)のご購入はこちらから

山崎 伸明 (やまざき のぶあき)

プロゴルファー 東松苑ゴルフ倶楽部所属

体のコア(軸)を中心にした自然な回転を体感できる!体で覚えることができる!

ニューエアーボードグラスの上でするスイングと、普段平らなところでするスイングは全然違いますね。ボードの上でスイングすると、体が自然にコアを中心にして回転するんですよ。コアというのは、言葉で表現するのが難しいのですが、体の軸、回転軸ですね。ボールを打つ時は、1ミリの誤差も作らないようにクラブのど真ん中に当てていくわけですが、この誤差やスイングのブレを作らないようにするためには、しっかりとしたコアが重要です。

コアは体感しながら身に付けていくしかないんですが、不安定なニューエアーボードグラスの上に乗ってバランスを取りながらスイングすると、自然とコアを感じることができ、体で覚えていくことができると思います。

今までにないなめらかなスイングを実感。失われたバランス感覚が蘇ってくる。

また、ニューエアーボードグラスの上でスイングすると、今までにないなめらかなスイングを実感することができます。下半身主導で、腕に余計な力を入れたりすることなく、自然にクラブを振ることができますね。普段だと、どう体を使おうか考えながら動くことが多いんですが、ボードの上だとクラブを上げたら後は自然にまかせて腕を振るだけで、きれいにスイングすることができます。

ゴルフには色々な技術論がありますが、そういったことにとらわれ過ぎると、人間が本来持っているバランス感覚が失われてしまうのではないかと思います。
ボードの上でスイングしていると、そんなバランス感覚が蘇ってきて、本来のスイングに戻れるようです。

上半身の余計な力が抜け、体の回転がスムーズに。癖も改善され、自然体に戻れる。

ニューエアーボードグラスはレッスンの中にも取り入れていて、生徒にも使ってもらっています。みんな、ボードの上で50回ぐらいスイングすると、「ものすごく疲れる」「足がパンパンになる」って言いますね。ボードの上だと無意識にバランスを取りながら全身を使ってスイングしようとするので、普段上体で打っているような人は、足や太ももなどの自分の一番弱いところに疲れが出てくるんじゃないでしょうか。

また、腕に力を入れる癖のある人がボードに乗ってスイングすると、肘や首が痛いとも言いますね。結構、腕力だけで打とうとする人が多くて、体の回転軸を使った下半身主導で打てるという人は少ないですね。普段はちゃんと打っているように見える人でも、ボードに乗ってもらうと、「あ、この人、腕の力で打っていたんだ」と、いかに腕に余計な力が入っているのかが良くわかります。ニューエアーボードグラスを使ってもらうと、スイングの指導をする時にどこを改善したらいいのかの目安にもなりますね。

余計な力を使わずに正しいバランスでスイングできるのでスピードが上がる。

また、左右に体重移動して打つものだと思っている人も多いですね。そういった思い込みからくる左右のブレや癖がある人がニューエアーボードグラスに乗ってスイングしようとすると、バランスを取るのが精一杯で上げたクラブを振りおろせなかったり、スウェーがひどいとボードから落ちそうになったりします。

また、「手に力が入らない」「振った感じがしない」「クラブが軽くて握った感じがしない」といった声も聞きますね。手に力が入らないというのは、余計な力を使わずに正しいバランスでスイングできている証拠だと思うんです。「力が入らない=スピードが出ない」と思う人もいるみたいなんですけど、余計な力が入ることでスピードが落ちるということもあるので、むしろスピードは上がっているんですよ。

10回も乗らないうちに飛距離アップ!届かなかったネットに当たるようになった人も。

ニューエアーボードグラスをレッスンに取りれてから2ヶ月もすると、目に見えて効果が出てきましたね。2ヶ月といっても、レッスンは週に1回程度なので、10回も乗らないうちに効果が出てきたと言えます。まず、スイングがきれいになってきましたし、飛距離も5ヤードは確実、平均で7、8ヤードは伸びているんじゃないですかね。これまで届かなかったネットに当たるようになった生徒さんもいますよ。打った時の音も以前とは明らかに変わってきました。

最初は怖くて乗れないと言ってた50代の女性も、ある日突然ニューエアーボードグラスの上できれいにスイングできるようになったんですよ。本人も「体の回し方がわかった」と言っていましたね。ボードの上でボールも打たせてみたんですが、ヘッドスピードが確実に上がって、ボールの当たる音も飛距離も変わりましたね。最初は、「あの上でスイングすると落ちそうで怖い」と言っていたんですけど、何かを掴んでからは自分から積極的にボードに乗ってスイングしています。

ゴルフの真髄でもある体のコア(軸)を体感してください。きれいなスイングは飛距離アップにつながります。

ニューエアーボードグラスを使うと、体のコアとなる部分を体感することができます。コアはゴルフの真髄とも言える部分ですので、ぜひボードに乗って実感して欲しいですね。初めての人は、いきなりフルスイングするのは危険だと思いますし、バランスを取りながら立つだけでも大変だと思いますので、軽く素振りするぐらいでいいと思います。ハーフスイングから始めてみるのがおすすめですね。ハードな練習などは必要ありません。あの上で足踏みをしているだけでも、コアの鍛錬につながるし、スイングのコツも感じることができると思います。

みなさんやっぱり、「飛ばしたい」と思うとどうしても力が入ってしまうと思うんですが、力の抜けたきれいなスイングこそ飛距離のアップへとつながっていきます。ニューエアーボードグラスの上に乗っていると、余計な力が抜け、本来のバランス感覚が蘇ってきて、体のコアも自然と身に付いてきますので、スイングがどんどんきれいになっていきます。スイングのスピードも上がりますし、ミート率も上がるでしょう。この感覚は、実際にボードの上に乗ってみないことには掴めないものですので、ぜひ多くの人に体感して欲しいですね。

ニューエアーボードを愛用するトレーナー・アスリート

  • 除村 元子(よけむら もとこ)
  • Illya R. Anderson(イリヤ R. アンダーソン)
  • 天木 裕次郎(あまき ゆうじろう)
  • 犬飼 敏雄(いぬかい としお)
  • Fabiano Cyclone(ファビアーノ サイクロン)
  • 岡部 健一郎(おかべ けんいちろう)
  • 山崎 伸明(やまざき のぶあき)
  • 金山 富英(かなやま とみひで)

このページの先頭へ戻る

Copyright © Japan AIR BOARD Association, All Rights Reserved.